IT御用人の備忘録

日々の日記とITインフラエンジニアの備忘録

ITの神様に祈る(京都 電電宮)

京都は有名観光地の嵐山に「電電宮」と言うお寺がある。

intojapanwaraku.com

 

もう10年以上も前、「IT」の神様はいるのかな?と疑問に思って調べてみると、京都嵐山に「電電宮」があり、電子・電気の神様がいることを知る。ITを生業にする自分としては、ぜひ、お参りしたいと思い、京都観光に行く予定もあったことから、当時はメインの観光地として設定し、お参りに行った。

 

自分の記憶だと、電電宮へは阪急嵐山駅から観光メインの道から少し逸れ、細い道を歩いた記憶がある。今ほど情報がなかったので道を間違えていないか不安だったけど、ちゃんと辿り着けた。

当時も今もそうだと思うけど、知る人ぞ知るお寺であることや、嵐山の観光メイン通りから少し逸れていることもあり、お寺には人気がなかったことを記憶している。

「IT」がインフラとなり社会発展になくてはならない存在になる中で、電電宮も少しずつ注目が集まり、業界人にとっては有名になったのだと思う。

 

面白いなと思ったは、SDカードのお守り。神様のお守りもIT化(?)している。当時お参りしたときにもらったお守りは今でも大切に持っているけど、新しいお守りもぜひ、いただきたいと思った。

f:id:monry:20210405125146j:plain

[10年以上も前に電電宮でいただいたお守り]

 

他にも、冒頭の記事にある「情報安全護符」がとても気になる。

IT業界に身を置いて20年以上になる。今でもプレーヤーとして働けるのは、電電宮のご利益のおかげもあると思う。そう思うと、お礼参りに行きたい。