IT御用人の備忘録

日々の日記とITインフラエンジニアの備忘録

Amazonと言えば「本」

Amazonと言えば「本」

 

良くも悪くもAmazonのおかげで様々な本との出会いが多くなったし、自分が求める本を探しやすくなった。特に技術書についてはとても助かっている。書店にある技術書は数が少なく購入の選択肢が限られる。Amazonが無い時代はいくつかの書店を回って本を探した経験が何度もある、と言うか、それが当たり前だった。Amazonで扱う本は、たぶん入手可能な本、全てがそろっており、実際の購入者のレビューを見て購入時の参考にもできる。

 

そんな便利なAmazonが登場してから、生活圏から「個人書店」が消えていった。中学生のとき、個人書店で立ち読みしていたら店主に怒られた。そんな経験をするのは今では稀だと思う。エロ本だってレジで買う必要はない!初めてエロ本を買うときは手が震えたけど今ではポチるだけ。緊張もなければ誰かが見ていることもない。

Amazonと言えば「本」から始まって、今では全てのものを取り扱っている、と言っても言いぐらい巨大なECサイトになった。

 

それでも、街の書店は自分にはなくてはならない存在。自分にとっての一番の理由は「本をプレゼントする」から。今でも友人の誕生日などに本をプレゼントすることがある。Amazonで直接注文して入手するのも良いけど、実際に書店に足を運んで本を見ながら、どれにするか選ぶのも楽しいし、その時間が何故か貴重に感じる。

 身の回りから「紙媒体」が消えつつある今、Amazonの存在はある意味、紙媒体の「本」を貴重なものにした気がする。そう感じるのは自分だけだろうか。

 

AmazonPrimeに登録しているだけで一部の本を0円(Prime料金は別として)で読むことができる。ただ、kindle(アプリ、あるいは本体とか)は必要。それでも、一部と言っても多くの種類があるし、中には日替わりセール、月替わりセールで0円ではなくても良書を安く購入できる。セールはチェックした方が良い。

 

最近、出会った本を掲載して今日のブログは終わりにします。 

さくら

さくら

 

「さくら」と「少尉」の儚くも切ない話(30分程度で読み終わる)

 

泣く理由、微笑みの訳 (ぶらんく堂文庫)
 

これは今読んでる途中。